ボディオイルを使うタイミングには注意が必要である

ボディオイルを塗るタイミングは、肌が乾燥している状態の風呂上がりに塗るのはお勧めされません。
風呂上がりに塗っても肌を保湿できますが、保湿効果を高めるならば風呂上がりの直後に塗るのが適しています。
体を拭き取って体の水分が失われる前にボディオイルを塗ることで、オイルの伸びが良くなります。
そのため、ボディオイルを塗る際に効果を高めれるタイミングは、風呂場でボディオイルを塗ることです。
ただし、湯船の中で塗っても肌に保湿成分が浸透しにくくなるので、体を拭き取る前に行うのが無難です。
油となるボディオイルですが、濡れた肌の水分とオイルが混ざることで肌に馴染みやすくなるので、少量でも肌を保湿可能です。
その上、風呂から出る前の肌は暖かいので、全身の毛穴が開いているためボディオイルで保湿しやすいなります。
風呂場でなく脱衣所でボディオイルを塗ると、温度差によって毛穴が閉じるので、オイルの伸びが悪化しやすいです。
ボディオイルを使う際に注意点となるのは、毛穴が開いている状態で塗るのが効果が高いので、脱衣所で塗るのでなく風呂場で塗ることです。
なぜなら、体を拭き取る前だと肌が濡れているので水分とオイルが混ざって肌の角質層まで浸透しやすくなるからです。