美肌へと導く習慣として「睡眠」の質を上げ、見直すことが大切

どうやったら美肌になれるのだろうと考える人や美肌になりたいと思う人は多いです。

美肌を目指すのに大切なのは生活習慣が挙げられます。
そこで、美肌のための生活習慣とはどういったことを行えば良いのかについて紹介します。

それは「睡眠」です。
睡眠はゴールデンタイムを意識します。
肌の生まれ変わりであるターンオーバーは夜寝ている間に行われます。
睡眠中はターンオーバーを促してくれる成長ホルモンの分泌が活発に行われる時間でもあります。
その時間の中でもゴールデンタイムと呼ばれる夜22時から夜中2時が最も成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯であり、美肌習慣のためにはこの時間に眠りに入ることが必要なのです。
しかし、22時に眠るのは難しいと言う人も多いです。
成長ホルモンの分泌は眠り始めの最初の3時間に最も成長ホルモンの分泌が高くなると言われているので、眠りにつく時間がずれてしまってもすぐに熟睡して質の良い睡眠が取れるようにすれば、十分美肌効果へと導きやすくします。
質の良い睡眠を取るためには寝る前にリラックス状態になっていることが大切です。
寝る前までスマホやパソコンを見ていると脳が覚醒して眠りに入りづらくなってしまうので、寝る1時間前にはスマホやパソコンは見るのをやめ、照明を暗くして、気持ちを落ち着かせリラックス状態へと持っていきます。
また、食事は寝る3時間前には済ませておくこと、お風呂はぬるま湯で寝る1時間前には済ませておくことも良質な睡眠へと促してくれます。