顔のむくみ解消方法として普段の食事で塩分を控えることが重要!

顔のむくみ解消方法として普段の食生活に気を配る必要があります。まずは塩分を抑える工夫をすることです。1日の食塩摂取量は成人男性が8グラム未満、成人女性が7グラム未満と言われています。味付けを醤油と塩でなく、ゆずやコショウ、レモン、すだち、しそ、みょうがなど酸味や香辛料を使って味付けをして塩分を使わないようにしたり、ラーメンなどの麺類の汁には多くの塩分が含まれているので汁は全部飲まずに残す方が良いです。塩分を減らすのと併せ、塩分を排出する働きのあるカリウムを多く含む食品を摂り入れるようにするのもポイントです。メロンやスイカ、ひじき、昆布、サトイモ、アボカド、納豆、大豆、カツオなどに多く含まれています。塩分を摂り過ぎると高くなった塩分濃度を薄めようとして身体から喉が渇いたというサインが出ます。そして水分を摂り過ぎることで余分な水分が溜まり顔のむくみにつながってしまいます。また、塩分を摂り過ぎると体内にある水分を逃がさないようにするため身体が水分を溜め込もうとする現象が起こるので顔のむくみを引き起こしやすくします。顔のむくみの原因は塩分の摂り過ぎであることが要因なので、食生活で塩分の摂取量を控えることや極力塩や醤油などの塩分が多い調味料を使わないで調理することを心がけて普段から塩分を減らすようにすることが顔のむくみ解消効果を高めます。

“”