ブルーライトによる肌への影響には肌老化が挙げられる?!対策方法とは?

ブルーライトはシミやシワなどを引き起こす原因となる活性酸素を生産します。

活性酸素は肌の細胞膜を破壊しシワやシミを促進させ肌老化の原因を作ります。

活性酸素は身体をウイルスなどから守ってくれる働きもありますが、増えすぎると肌を老化させます。

ブルーライトは1時間浴びるだけでも活性酸素を引き起こすリスクを高めてしまうという研究結果も出ています。

そんなブルーライトから肌老化を守る対策としてどのような方法を取り入れるのが良いのかを紹介します。

パソコンやスマホといったアイテムを使わない日は無いと言って良いです。

ですが、ブルーライトから肌を守る方法としてブルーライトカットメガネや保護材を使うことでブルーライトの軽減につながります。

また使っている途中にこまめに目を休めたり、夜遅くまでスマホを使わないといった使う時間を減らすこともブルーライトによる肌影響を減らすことにつながります。

よって、ブルーライトを毎日多く浴びる生活を送ることでブルーライトによる肌影響リスクを高めてしまいます。

しかし、毎日の生活でブルーライトを使わない、浴びないというのは不可能です。

肌への影響リスクを減らすにはブルーライトを軽減するアイテムを活用することでブルーライトによる肌老化の抑制効果が期待できます。

“”