肌の酸化対策に必要なエイジングケアの方法とは?

肌の酸化は老けて見えてしまう大きな要因とも言われています。
肌サビとも呼ばれる肌の酸化減少の対策に行われるエイジングケアの方法とはどのようなものなのでしょうか?肌の酸化を防ぐためのエイジングケアの1つが、紫外線対策です。
紫外線は肌に大きなダメージを与えるだけでなく、その刺激によって肌のシミや防衛反応によるメラニンの分泌、また肌のコラーゲンや線維芽細胞などの損傷による老化現象を引き起こします。
夏場以外でも紫外線はあり、春先や秋頃は真夏とほとんど変わらない量の紫外線が降り注いでいるため日焼け止めやUVケアは常に行いましょう。
肌のターンオーバーの促進も重要なエイジングケアと言えます。
そのため肌のマッサージや化粧を夜にしっかり落とすなど、肌の状態の保全も非常に重要なエイジングケアの方法です。
昨今では炭酸パックなど肌の血行を良くする製品が多く出ているため、こういった製品を使用するのも有効な手段でしょう。
次いで抗酸化作用のある成分の摂取です。
活性酸素は呼吸をしているだけで発生しますが、過剰な活性酸素は老化の主な原因と言われています。
適量の活性酸素は体に非常に大きなメリットとなるものの、量が過ぎれば体を傷つけることになるのです。
そのため抗酸化作用のある成分を摂取し、酸素がもたらす有害な影響を和らげることが重要です。
特にビタミンCが強力な抗酸化成分であるため、ビタミンCの摂取は必須とも言えますね。

“”